資産運用ブログ

「おおきに商品」の取り組みについて(空き家問題と向き合う)

2021年10月29日

こんにちは。なにわファンドの内藤です。

 

本日は「おおきに商品」の取り組みについても触れていきたいと思います。

 

空家問題と向き合う

 

先日もブログで記載しましたが、弊社は、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みの一環として、『11.住み続けられるまちづくり』『12.つくる責任 つかう責任』の達成を目標としています。

弊社は、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

 

不動産事業者としての多くの情報や知識・経験を生かし、老朽化した空き家やアパート等も自社で買い取ってバリューアップすることで、この地域の空き家対策・古民家再生等を実現し、地域社会経済発展に貢献してまいりました。

 

少子高齢化が深化し、既存住宅の老朽化が進み、適切な管理が行われていない空き家は、安全性の低下、公衆衛生上の悪化、景観の阻害など多岐にわたる問題が生じます。

 

例えば

  • 防災性の低下

倒壊、崩壊、屋根・外壁の落下

火災発生の恐れ

  • 防犯性の低下

犯罪の誘発

  • ごみの不法投棄
  • 衛生の悪化、悪臭の発生

蚊、ハエ、ねずみ、野良猫の発生、集中

  • 風景、景観の悪化
  • その他

樹枝の越境、雑草の繁茂、落ち葉の飛散 等

 

どれも近隣住民に深刻な被害をもたらす可能性があります。

※国土交通省ホームページ『空き家等の現状について』参照

 

今回の「おおきに2号」の対象物件も、老朽化した空き家を購入。建物解体後、宅地造成工事を行い1区画の大きな土地を4区画に分けて新築住宅の分譲を行っている一区画となります。

 

少しでも弊社の「おおきに商品」の取り組みについて知っていただけましたら幸いです。

最後までご高覧いただきましてありがとうございました。

Copyright ©︎2020 AMBITIOUS HOME inc. All Rights Reserved.